ドレスを借りる際のマナー

女性

返却日をきちんと守る

ウェディングドレスは結婚の準備として欠かすことができませんが、一生に一度の着用ということもあり、購入よりもレンタルを選ぶ人は多くなっています。レンタルのメリットは、なんといっても購入よりも安くウェディングドレスが用意できることがあげられます。さらに着用後のクリーニングや保管の手間も掛かりません。ウェディングドレスのレンタルを行う際はマナーやルールはきちんと守りましょう。まず、来店の際はあらかじめ予約を行っておくとよりスムーズです。試着の際は本番をイメージして、やや濃いめのメイクやアップヘアーにしておくとイメージをつかみやすくなります。そして、試着の際は写真も撮影しておきたいですが、この時も勝手に撮影したりせず、お店の許可を取ってから行いたいところです。レンタルしたウェディングドレスは、できるだけ汚さないよう大切に着用したいですが、多少の汚れはお店のクリーニングで対応できることが多くなっています。飲食の際などは大幅に汚してしまうことも考えられますので、事前にそうした場合の保険や補償も確認しておくとより安心です。無事結婚式が終わったら、レンタルしたウェディングドレスは速やかに返却することが大切です。返却が遅れてしまうとペナルティとして追加料金が発生することとなりますし、次回にレンタルを予定している人にも迷惑になってしまうことがあります。結婚式となると何かと忙しくなりますが、トラブルを避けるためにもレンタル日数と返却日はきちんと守りましょう。